人気ブログランキング |
世界の路地裏 50 東京・上野
f0143469_08184245.jpg

40年前というと大昔のような気がするが、私にはついこの前の出来事だ。


大学生となって上京し、物珍しさで東京の街の隅々をよく歩き回った。驚いたのは、どこか懐かしい木造家屋の家並みが、数多く残っていたことだ。特に下町界隈には生活感溢れる町並みが数多くあって、写真雑誌で見ていた木村伊兵衛さんの世界を追体験しに、時間ができるとカメラを持って、せっせと通った。


お気に入りの場所の一つは、上野駅の東側の界隈。ある日、学校で貸し出してもらった4x5版カメラ(昔、写真屋さんが布を被って撮っていた大型カメラ)を三脚に付け、色々な人に声をかけ撮影させてもらった。みんな気さくにモデルになってくれて、警戒する人など誰もいなかった。


そんな中、学校帰りの高校生の女の子を撮らせてもらった。K子さんと言ったか。キャビンアテンダントになりたいと夢を語っていたことが、今も記憶に残っている。その後、彼女はどんな人生を送ったのだろう。


あの街並みも今はもうない。

 


# by saito-r | 2019-06-06 08:26
世界の路地裏 49 ロシア・シベリア鉄道 3
f0143469_17441206.jpg

朝、ベッドの上段で目覚めると、下ではすでに酒盛りが始まっていた。巨漢氏がヤクザ氏に、酒を勧めている。「もう飲めない」と言いながらも、ヤクザ氏は一息で飲み干すと、そのままシートに寝込んでしまった。


社交的な巨漢氏は、昨夜は、酒瓶を持って、あちこちのコンパートメントを訪問していたらしい。「今日はちょっと辛いな」と言いながらも、朝の10時には、1瓶が空になった。そしてまたどこかへ出かけて行った。


巨漢氏によると、ヤクザ氏は俳優なのだという。独特の渋いダミ声で分かったそうだ。そういえば、よく他のコンパートメントから人が来て、彼に声をかけて行くのだった。

アフリカの母国で、婚約者が帰りを待っているという留学生の黒人青年は、こんな私たちの蛮行を終始穏やかに見守っていた。


夕方のモスクワ到着の1時間前、巨漢氏が戻って来た。「ここで出会ったのも何かの縁だ。友情の証に!」とまたウォッカの瓶が。それもまもなく空になった。彼のボストンバッグを覗くと、モスクワで飲むと言っていた酒瓶は、ほとんどなくなっていた。


# by saito-r | 2019-05-08 17:50
世界の路地裏 48 ロシア・シベリア鉄道 2
f0143469_16121233.jpg

昼間行方知れずだった巨漢氏が、夕方座席に戻ってきた。「一杯やろう」彼の大きなボストンバッグからウォッカが1本出てきた。中には1ダースほどの瓶が入っている。「モスクワで買うと高いから持ってきたのさ」


今までどこにいたのか聞くと、食堂車で働いている友人がいて、奢りで4本空けてきたとご機嫌だ。ヤクザ氏は寝ていて、アフリカ西海岸からの留学生だという生真面目な黒人青年は、酒は飲めないと言うので、私一人が相手になった。小ぶりのコップに2センチほど注ぐと一気に飲むのがこちら流。私がちびちび飲んでいると、「なんて飲み方だ」と渋い顔をされた。


彼は国営のセメント会社の管理職で、モスクワの親戚に会いに行くという。今の給料だけでは生活できないので、部屋を貸したり、白タクで人を乗せたりして、何とか食いつないでいるそうだ。


いつもそんなに飲むのか聞いたら「今はホリデー。楽しまないと」午後8時頃に1本空くと、彼はまたどこかに出かけて行った。体重は145キロだと自慢げに言い残して。


# by saito-r | 2019-04-24 16:28
世界の路地裏 47 ロシア・シベリア鉄道 1
f0143469_08085340.jpg

シベリア鉄道の車中は、ロシアの路地裏そのものだ。様々な人生を抱えた人が一晩、あるいは数日間を一緒に過ごす。コンパートメントには二段ベッドが2つ向かい合っていて、4人がその空間で、寝起きする。初対面なのに、まるで古い知り合いのように、ごく自然に会話が始まる。


食事時間には、持参の黒パン、野菜、ハムなどを窓際の小さなテーブルに広げて、「食べなさい」とよく勧められた。定番は、サーロという豚の脂身の塩漬けを燻製にしたもの。それを薄切りにして、黒パンに乗せて食べると、絶妙なハーモニーが口中に広がる。


正確にはシベリア鉄道ではないが、ウクライナのオデッサからモスクワまでの夜行寝台に乗った時のことだ。コンパートメントには、物静かで小柄な黒人青年。哀愁を滲ませたヤクザ風の初老の男。体重は優に100キロを超えていると思われる、饒舌で陽気な農民風の中年男。そして私の4人が一緒になった。13:55出発。モスクワには明日16:20着。約26時間の汽車旅が始まった。


# by saito-r | 2019-04-15 08:19
世界の路地裏 46 ニカラグア・マナグア
f0143469_08564720.jpg

中南米のメルカド(市場)は楽しい。商品の多様さに加え、様々な人種の発散するエネルギーが、場内に独特の熱気を生み出している。また食堂が安くて例外なくおいしい。


生きたイグアナがどっさり積まれている店があった。「これを食べるのか」と聞いたら「そうよ。スープにしたらおいしいの」という。きっと場内の食堂で食べられる店があるはずだが、積極的に探す気にはならなかった。


南米パラグアイのアスンシオンではアルマジロのスープを食べている男たちがいた。そばにあの甲羅のような外皮が積み上げられていたのですぐ分かった。「食べていけ」と声をかけられたが、肉はすでになくなっていた。「こんなうまいものを食いそびれて残念だったな」と言われたが、少しほっとした。


脱線するが、中国の東北地方では、「体が温まる」と、ごく普通に犬肉を食べるし、貴州省ではヘビの輪切りの素揚げを食べたことがある。さっぱりしておいしかったが、その晩乗った夜行列車の中で、腹痛とトイレ通いに苦しんだのはヘビの祟りに違いない。


# by saito-r | 2019-03-28 09:05


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
齋藤亮一オフィシャルサイト
お気に入りブログ
Photographer...
Photographer...
以前の記事
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧