世界の路地裏 3 インド・コルカタ

デジタルカメラが一般的なものになって、まだ十年ほど。当時「デジカメを買ったらインドに行ってみよう」と自分で決めていた。インドは敬して遠ざけていた国。これまで数多くの写真家が、素晴らしい作品を残している。今さら私が出かけても、という思いがあった。でもデジカメとインドがどんな化学反応を起こすのか、これは興味深々だ。

フィルムカメラには「やせ我慢の写真術」が求められる。むやみやたらとシャッターを切れない。これは旅に持って歩けるフィルムの数が限られていることと、フィルム代などの経済的側面もある。一度でいいから心ゆくまでシャッターを切ってみたい、写真家はみんな思っていたはずだ。デジタルはそんな願いを叶えてくれた。

インドは富裕層と庶民の居住区がはっきり分かれている。私が向かうのは後者。ここは今、急速な経済成長で活気に溢れている。路上はさながら生きた劇場で、個性溢れる登場人物が、次から次と現れては消えてゆく。私はデジカメで、思う存分シャッターを切る喜びを味わっていた。(公明新聞 4月30日付掲載)

f0143469_15163780.jpg



[PR]
by saito-r | 2017-05-03 15:47
<< 雲の眺め 世界の路地裏 2  中国・重慶 >>



Column & Information
by saito-r
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
齋藤亮一オフィシャルサイト
お気に入りブログ
Photographer...
Photographer...
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧